βグルカンとアレルギー体質

アレルギー体質が原因で、食品だけでなく健康食品やサプリメントの選択に際しても、細心の注意が不可欠で、製品・成分の選択に制限のある方も多いようです。

現代では、誰もが安全にアレルギーを気にすることなく利用できるようになった高純度ベータグルカンが広く販売されているのですが、過去には利用者が限定されてしまう製品レベルだった時代もあったのです。(現代でもキノコ原料のベータグルカンには注意が必要ですが…)

βグルカンを主成分とする健康食品・サプリメントに関するアレルギーに関わる問題として、高純度品に限っては2000年以降にはまず問題は無く、誰でも食することが可能になっています。

過去の経緯としては、70年以上も前の黎明期のパン酵母抽出のβグルカンの製品では、酵母からβグルカンを抽出する際のタンパク質除去が不十分だったために、酵母アレルギーを引き起こす問題が有りました。そのため、酵母アレルギーの体質の患者さんの場合には、高純度βグルカンを使いたくても、食することができない症例が少なからず発生したのでした。

しかし、1980年代以降には、急速にパン酵母ベータグルカンの精製技術が進化したために、純度が上がると同時に酵母アレルギーの原因だったタンパク質が徹底的に精製除去できるようになりました。そのため酵母アレルギーの懸念が無くなり、安全に誰でもがベータグルカンを利用できるようになったのです。これは、パン酵母から抽出・精製した高純度のベータグルカン健康食品・サプリメントが、FDA(米国食品薬品局)から「通常の食品と同様に食することが可能」との認証を得ていることからも確認できます。

世界標準の超高純度βグルカン

オルタスβグルカン85』は現代最高の精製度を誇る高純度ベータグルカンなので、もちろん酵母アレルギーの危険性は無いと言えます。

なお、万全を期するため、カプセルタイプの『オルタスβグルカン85』に関しては、原材料表記の中に「大豆レシチン」を表記しています。
これは製品の中に成分を混入させているわけではなく、カプセル製造時にカプセルを型から剥がす”剥離剤”として極微少量を使用している工程を考慮し、念のため表記しているものです。
原料として付加しているほどの分量ではないため、厳密な成分検査をしてさえも大豆成分を検出することは不可能な程の極めて微少量です。そのため、他社製品等では原料に表記されず、問題化することも無いようです。

しかし、非常に敏感な大豆アレルギーの方もおられますので、不具合を引き起こす可能性に関して、100%の安全性を考慮するべく『βグルカン本舗』では原材料名に明記しています。

もしも敏感な大豆アレルギー体質の方が『オルタスβグルカン85』をご利用される場合には、大豆レシチンとの接触が完全にゼロとなる粉末タイプの『オルタスβグルカン85粉末』をご利用頂ければ、大豆アレルギーへの懸念は完全にゼロにできます。

超高純度βグルカン

このように過去にはアレルギーが原因でβグルカンを活用できなかった一方で、今では、逆の利用状況も増えています。
上記をクリアできる前提ながら、アレルギー対策としてβグルカンを利用される方が増加しているのです。
春先には花粉症対策としてのお客様からのお求めも多く、通年ではアトピー皮膚炎、白斑等に対してのご利用を継続されるご報告も多くございます。

アレルギーの問題は、生活の衛生レベルの向上と比例して増加する皮肉な現象ですが、症状が出現した本人にしか辛さは理解し難いものです。

患者数が増えたことで新薬の開発もそれぞれに盛んなのですが、βグルカンを活用してみることも安全かつ手軽な対策だと言えるでしょう。







ベータグルカン本舗のSSL暗号は安全対策済



βグルカン本舗
下記の報道のようにネットを通じた通信販売に際して多くのサイトで使用されているシステムに不具合が発見され、情報漏洩の危険性が高まり、社会問題化しつつあります。

通称「Heartbleed(ハートブリード)」と呼ばれるこの危険なバグですが、当店『βグルカン本舗』が使用しているSSL暗号化システムは、安全性が確認されているバージョンですので情報漏洩の危険性は有りません。

超高純度ベータグルカン健康食品オルタスβグルカン85』のお買い物に際しては、これまでも、これからも、安心してご利用頂けます。

取り急ぎのご連絡にて失礼致します。

βグルカン本舗

くすし 拝

【2014年4月18日 日本経済新聞

インターネットの通信販売やネットバンキングなどで広く使われている暗号化ソフト「オープンSSL」に見つかった「深刻な欠陥」が波紋を広げている。脆弱な部分を攻撃されると利用者の個人情報が漏洩する恐れがある。同ソフトは世界のサイトの約3分の2で使われているとも言われ、各国の政府などはサイト運営者に修正版への早急な更新を求めている。


βグルカン本舗

消費税と便乗値上とβグルカンと

消費税が8%に増税されました。

実態は為替操作だけで実を伴わないアベノミクスによって、給料が上がるのは一部の企業だけで、多くの給与所得者は増税と物価高の負担だけが増える様相です。上昇を続けてきた株価も峠を過ぎて、いよいよ下り坂が見え始めました。

増税だけでなく、見え透いた便乗値上も横行しており、世知辛い世の中を憂いてしまいます。価格は変えずに内容量を減らすような対応に至っては、消費者を愚弄しているとしか思えず、信義に疑問を感じてしまいますね。

少しでも、ほんの少しでも、世の中の役に立ちたいと願う私達『βグルカン本舗』は、税込価格を3月以前のままに据置きます。もちろん超高純度ベータグルカンの質も量もこれまでどおりに変わらない高品質・低価格での提供です。

いつまで、どこまで継続できるか確約は難しいのですが、今暫くのささやかな反抗を見守りください。

高品質・低価格のβグルカンをより多くの方々へ、良いベータグルカン製品は必ずや皆様の役に立つと確信しています。

βグルカン本舗

ベータ1,6Dグルカンは無くても良い成分

βグルカン(ベータグルカン)の絶対量が多い方が良いβグルカンであるのは当然ですが、それ以上にβグルカンの質も問われる時代となっています。最も重要なβグルカンの種類は、ベータ1,3Dグルカンという種類のβグルカンだというのは研究者だけでなく、全てのメーカー,販売店も同意する確定した事実です。

結論から述べると、「ベータ1,3Dグルカンこそが唯一無二の機能性成分なのであって、ベータ1,6Dグルカンは無くても良い成分」です。

この事実の確認は、健康食品系のホームページよりも免疫学系の研究論文を参照する方が公正で正確な検証で可能です。免疫細胞が認識するのはベータ1,3Dグルカン(3重らせんβグルカン)だとの考えが定着しているのは、下記のような近年の研究からも明白です。

理化学研究所:3重らせんβグルカンを認識する免疫システム
http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Highlights/20110711115317/

しかし、一部の不明な販売店では、ベータ1,6Dグルカンにも機能性があるという自説を根拠無く展開しています。論理が飛躍し過ぎた酷い場合には、「ベー タ1,3Dグルカンだけでなく、ベータ1,6Dグルカンも不可欠で無ければダメ」と根拠の無いデマのレベルにまで昇華しているケースもあるようです。

実は、βグルカン本舗の『オルタスβグルカン85』にも、ベータ1,6Dグルカンは入っています。『オルタスβグルカン85』の85%以上がβグルカンで、その中の95%以上がベータ1,3Dグルカンですが、1%未満のベータ1,6Dグルカンも残存しています。

つまり、βグルカン本舗の『オルタスβグルカン85』も他社のβグルカン サプリメントと同様に「ベータ1,3/1.6Dグルカン」との表記して、機能性成分の量をさらに多く宣伝することも可能なのです。しかし、機能性の無い成分=ベータ1,6Dグルカンの含有量を”盛る”のは、信義に反すると考えているため、『オルタスβグルカン85』ではベータ1,3Dグルカンの含有量だけを表記しています。

本当に価値のあるβグルカン健康食品・サプリメントが、どれなのかを見極めて下さい。

国内 ただ一つの高純度βグルカン

βグルカン(ベータグルカン)の機能性が世の中に知れ渡ってゆくに従い、高純度βグルカンの存在を知って頂く機会も増えたようです。

しかし、βグルカンの必要性が広まるにつれて、怪しげなβグルカン健康食品や、粗悪なβグルカン サプリメントも増えて、自称の「豊富なβグルカン」「高純度βグルカンに自信」「高品質βグルカン」が横行しています。
βグルカンの重要性と機能性は疑いようの無い事実であり、βグルカンの純度は高い方が優れた商品であることも間違い無いのですが、本当に表記や宣伝のとおりにβグルカンが入っているのか疑問を感じさせる製品も、少なからず出回り始めていることが憂慮されます。

βグルカンの純度を、”自己申告”で高めに宣伝表示することは簡単です。しかし、その通りのβグルカン(ベータグルカン)が本当に製品に含まれているのでしょうか?
本当にβグルカンの含有量を証明するには、公明公正な社外の第三者によって成分分析された結果を公表することが、不可欠です。

βグルカンの検量、特に高純度βグルカンの検量は、かなり高度な技術とデータの蓄積が不可欠です。
日本の食品分析の草分け研究機関である財団法人 日本食品分析センターでも、高純度βグルカンの成分検査に関しては、2013年現在も対応不可なのです。
高純度βグルカンの検量、さらには最も重要なβ1,3Dグルカンの検量は、海外の著名な研究機関と綿密な連携を経なければ、公正かつ厳正な、本当の成分含有量は確認されてはいないのです。

この点に関して、日本では社外第三者の成分分析を実施し、公表している企業・製品は、ほとんどありません。残念ながら「自画自賛の高純度βグルカン」が氾濫しているのです。

オルタスβグルカン85』は、第三者の成分分析証明を受けている日本で唯一の高純度βグルカン健康食品・サプリメントです。
世界最高の歴史と権威を誇るアメリカ合衆国 ジョージア大学 複合炭水化物研究所 で、公正かつ厳正な成分分析を実施し、「本当の高純度βグルカン」「本物のβ1,3Dグルカン高構成率」であることを、正々堂々と証明しています。

絶対的な信頼と安心でご利用頂くために『オルタスβグルカン85』は、日本で唯一の社外成分検査を公表済の高純度βグルカンです。

命に関わることだから、間違いの無い選択を願います。

βグルカン(ベータグルカン)の副作用を避ける方法

βグルカン(ベータグルカン)には、副作用はありません。
もちろんβ1,3Dグルカンにも副作用の心配は無用です。

純粋な成分としてのβグルカン(ベータグルカン)は、全く安全な食品なのです。

しかし、βグルカン(ベータグルカン)を含む健康食品やサプリメントに副作用の問題が頻発するのは、不良の製品に含まれる不純物が原因です。
質の悪い製品では、主成分のはずのβグルカン以上に不純物の方が多く含まれている場合が多く、その不純物の中に副作用を引き起こす有害物質(重金属等)が含まれている場合に副作用の被害が発生します。

βグルカンの副作用を完全に回避するには、βグルカン以外の不純物を徹底的に排除・精製した高純度のβグルカンを使うことが、最も安全確実な方法です。ところが、昔ながらのキノコを原料とした健康食品サプリメントでは、βグルカンの純度は半分以下、酷い場合には数パーセントと純度が低いのです。ハナビラタケ、ハタケシメジ等のキノコを原料とする製品では、半分以上が不純物であるため、副作用のリスクを多く含んでいることになります。

パン酵母から高純度に抽出された超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』なら、不純物を徹底除去するため主成分のβグルカンが85%以上と純度が高く非常に安全です。土壌栽培ではないので重金属が混入する可能性はゼロなのです。

安全・安心を大前提として、βグルカンの恩恵だけを享受するには、超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』が安全確実な選択肢なのです。

創業から11年間もの永きご支持を賜り続けた超高純度ベータグルカン専門店『βグルカン本舗』は、月末までの感謝セールを継続中です。是非、この機会に副作用の心配のない高純度βグルカンをお試し下さい。

副作用の無いβグルカンと副作用の有るβグルカンの違い

βグルカンには副作用が無いのですが、βグルカン健康食品には副作用が時折に発生します。最も記憶に新しいのはアガリクスによる副作用の事例でしょう。アガリスク健康食品の一部にがんの原因となりうる成分が発見されたために、回収騒ぎになりテレビ、ラジオ、新聞などでも大きく報道されました。

アガリクス健康食品
が副作用を起こした原因は、栽培土壌に含まれていた重金属をキノコであるアガリクスが成長する際に吸収してしまい、成長したアガリクスに重金属が滞留し、製品にも重金属が含まれたことが原因でした。アガリスク健康食品を飲むことで目的とは真逆にもがんを促進してしまう副作用があったことは、社会的にも大きな衝撃であり、従前から低かった健康食品のイメージをさらに低下されるものでした。

この教訓は、最も多く流通しているβグルカン健康食品である
キノコ健康食品の危険性と非効率性を浮き彫りにしました。アガリクス以降も原料種別を替えて流通し続けるキノコ健康食品の機能性成分は、特殊な多糖類の一種である「βグルカン」であることは自明です。しかし、アガリクスにはじまりその後のメシマコブ、チャーガ、ハタケシメジ、ヤマブシタケ(ウサギタケ)、ハナビラタケ(花びら茸)に至るまでキノコ健康食品には、βグルカン(ベータグルカン)の含有率が非常に低いのです。

言い換えると、キノコに含まれる主要な成分とは、βグルカン以上に不純物の含有量の方が多いのです。それらは栽培土壌から吸収されたミネラルやキノコが生成したビタミンとされていますが、これは詭弁としか言いようが無いゴマカシです。主要成分であるはずのβグルカンが5~40%と少ないにもかかわらず、「ビタミン・ミネラルも豊富に同時摂取できます!」という宣伝には、目を覆うばかりです。

ビタミンは通常食からも簡単に摂取が可能で、ビタミン・サプリメントも非常に安価に良品が簡単に入手できます。一方のミネラルに至っては、栽培土壌の重金属もミネラル(鉱物)の一種として含まれる可能性が示唆されているとも受け取れます。

βグルカン健康食品の危険性を除去するには、βグルカン(ベータグルカン)の純度が高い商品を選ぶことです。純度が高いβグルカンは、同時に不純物が少ないことを意味するからです。

現在のところ不純物を最低限度まで精製除去したβグルカン健康食品としては、βグルカン純度が60~85%にまで引き上げられた製品が流通し始めました。

これらの高純度βグルカンであれば、不純物による副作用被害の可能性は払拭されています。

超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』は、開発から70年以上を経て精製度が上がった超高純度のパン酵母抽出のβグルカン健康食品です。
抽出原料のパン酵母(イースト菌)は、土壌栽培ではなく安全清潔なタンク培養ですので、キノコ健康食品に付随する副作用の危険性はゼロなのです。

安全にして、高純度。効率的で、安価なβグルカン健康食品なら、
超高純度ベータグルカンオルタスβグルカン85』が最上級でしょう。

安過ぎるβグルカンの実像

「高い商品の方が、良い商品の気がする。」
「オルタスの商品は安過ぎて不安になる。」
パン酵母ベータグルカンは高価なはずなのに激安・格安の商品は信用できない。」

βグルカン本舗へ寄せられる質問で一番多いのは、低価格に関する疑問と不安です。
ネット検索で簡単に調べられますが、『オルタスβグルカン85』以外のパン酵母βグルカンは一様に3万円超、高級(?)な場合には5万円以上の非常に高価なお値段で販売されています。
通常の市場原理が働く他の日用品等の場合ならば、高価な商品には安価な商品よりも多くの付加価値が付くことが必然です。複数の商品購入に迷った場合に機能や成分を比較しても混迷を深めてしまい、最終的には高価な商品を選択することがありますが、多くの場合には満足が得られ、少なくとも失敗には至りません。このような選択法は、女性が化粧品を購入する場合に多く見られますが、健康食品ではさらに顕著です。商品の内容にイメージが先行している場合ほど、高価な商品の方が総合的に優れていると信じられているので、代金が払える範囲である限り、間違った選択にはならないと考えてしまうのです。

しかし、残念ながら健康食品にはこの大原則は通用しないことが多いのが現実です。むしろ、内容に乏しい商品でも、包装を煌びやかにし、タレントを使った広告戦略によって、イメージを高めることが”付加価値”とされ、消費者の危機感を逆手にとった高額販売が横行しています。
日々の日用品購入の際の習慣のために、重大な健康食品の選択に迷った時にさえ、理解が不十分でもより高価な商品を購入することで、より機能性が発揮されるはずだと、自らを安心させてしまうのです。これは危険な一種の思考停止です。健康食品の選択には、事情は違えど切迫した背景があるはずですので、一層真剣に比較して決断頂きたいものです。

他の健康食品価格の影響からか、比較的に原料由来がハッキリしていて、実用価格が一定となるはずのパン酵母ベータグルカンに関しても、その他の高級健康食品の高値止まりの価格に引き摺られる形で高価な値付されたのが、これまでの他社のパン酵母βグルカンです。これらの商品は企業としてはビジネスチャンスを生かした当然の利潤追求とも言えますが、一方では人道的には人様の足許を見た軽蔑されるべき企業行為だとβグルカン本舗は考えました。

βグルカン本舗を運営する株式会社オルタスの考えた”在るべき健康食品への取組み”とは、不当に高価な健康食品でもそれを必要とする人々がいるならば、それを可能な限り安価で多く継続して届けることでした。決して「格安」「激安」で販売しているわけではありません。価値ある商品を、提供に必要な手間賃を頂き、「適正価格」でお分けしているだけなのです。他社とは価格決定の思想が全く異なっているのです。
これが高品質でも低価格なβグルカン(ベータグルカン)を販売している『βグルカン本舗』の実像です。

今回、多くの質問に応えるべく、βグルカン本舗の取り組みをHPで公開することにしました。
高額商品に安心感を感じられる人情を否定はしませんが、ご購入の前に当店の取り組みを御一読頂くことをお勧めします。

高品質・低価格ベータグルカンの矜持